利用限度額:クレジットカードの基礎知識

利用限度額

クレジットカードの利用限度額は、使用する人の信用情報に応じて
が定められます。「与信限度額」とも呼ばれています。一般的に、
日本では一般カードで5〜50万円、利用実績が考慮されると50
万円超〜100万円ということもあります。また、ゴールドカード
の場合は50万〜300万円程度となっています。この利用限度額
は、それぞれの支払能力に応じた金額が設定されていますので、利
用限度額を超えるということは、そう頻繁に起こるものではないで
しょう。しかし、海外旅行や長期の旅行など、万が一のために備え
たい場合や、限度額を超えてしまうことが予想される場合には、カ
ード会社に連絡することで一時的に引き上げることができます。ま
た、クレジットカードを使い続け実績を積むことで、利用限度額は
どんどん上がります。それほど使いもしないのに利用限度額が高い
と、盗難に遭ってしまったた場合のリスクも大きくなります。その
ため、カード会社に利用限度額を下げてもらうように申し出ること
も可能です。利用限度額を下げてもらうように申し出る人の中には、
クレジットカードをむやみに使わないよう自己規制をかけるという
人もいるようです。

年会費無料のクレジットカードは、年会費がかかるものと比べて利
用限度額は低く設定されていることが多いです。しかし、年会費が
無料でありながら、かなり高額な利用枠を設定をしているカードも
あります。「ライフカード」を例に挙げてみてみると、年会費無料
のクレジットカードでありながら、ショッピング利用限度額が10万
円〜200万円まで設定可能です。

ただ、利用限度額が200万円あるからといって、貯金が200万円ある
のとは訳が違います。ご自分にあったクレジットカードを選び、賢
く利用してくださいね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック